NEWS

japan_jacket_design0711

『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞を8部門受賞したダニー・ボイル監督と、『ラブ・アクチュアリー』、『ノッティングヒルの恋人』などイギリスを代表するコミカルで心温まる作品で知られる脚本家リチャード・カーティスが贈る
10月11日に日本公開される最新作 映画『イエスタデイ』オリジナル・サウンドトラック

その日本盤が10月2日に発売されることが決定いたしました!

「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定の中、ザ・ビートルズの名曲の数々が劇中に登場します。

―「これはザ・ビートルズへのラブレターだ」(ダニー・ボイル監督)


<商品情報>
映画『イエスタデイ』オリジナル・サウンドトラック
10月2日 日本盤発売
2,500円+税  UICY-15834

>> 特設サイトはこちら


★ザ・ビートルズ“イエスタデイ”カタログ・キャンペーン実施!
映画『イエスタデイ』公開(10月11日)に合わせて、ザ・ビートルズのカタログ23タイトルをお求めやすい価格で期間限定発売。(既発商品と同じ内容になります)

<発売日>
10月2日から12月末まで期間限定発売

>> キャンペーン特設サイトはこちら

%e2%98%852504_d026_00583r_crop

今回、本人役で登場するエド・シーランは

「One Life」、「Penguin」の2曲を
映画『イエスタデイ』のために楽曲提供いたしました。

yd1j0533

そのうちの一つ、「One Life」は書き下ろし。脚本のリチャード・カーティスら製作スタッフの念願叶い、数年越しに実現したそうです。エドのファンでもあり、友人のリチャード・カーティスは、「本作の脚本を執筆している時に、ザ・ビートルズの曲の他に、主人公のジャックが作ったという名目ですごくロマンチックな曲を入れることを思いついて、エドに打診したらOKしてくれたんだ。2日後、彼はこの映画にぴったりな曲を送ってくれて、皆で大喜びしたよ」と振り返る。
しかし、その楽曲とは実は「How Would You Feel (Paean)」という曲で、エドのレコード会社もこの曲を大いに気に入ったため、彼の3rdアルバム「÷(ディバイド)」に収録されることに。カーティスらはとても残念がったそうですが、2年後にエドが本作に出演することになったことで、夢がようやく実現。新たに彼が提供した「One Life」は、ジャックの心の変化に寄り添うかのようにエンディングのシーンで使用されています。

「One Life」、「Penguin」の2曲は映画のサントラ盤には収録されていないので、
ぜひ映画館で本編をチェックして下さい。