NEWS

この度、ダニー・ボイル監督脚本家リチャード・カーティスの対談映像が到着‼

1980年代後半から90年代初頭に、それぞれ『トレインスポッティング』(96)『フォー・ウェディング』(94)で頭角を現して以来、イギリスで映画を作り続けているダニー・ボイルリチャード・カーティス。本作では作風が全く異なる彼らがそれぞれ監督と脚本を務め、夢のコラボレーションを果たした。

ts4g1840

今回到着した対談映像で、脚本を務めるカーティスは「僕は愛を見いだすことに執着してるんだ」と自身を振り返り、「ダニーなら現実味を出しながら、幸せと希望が感じられる作品にできると思った」と本作でオファーした理由を明かす。一方、ボイル監督は「愛を信じる温かい映画を観客に届けることができて嬉しいよ。ザ・ビートルズに対する信奉は、愛に対する信奉と同じだ。リチャードにはそういった心があるとコメントしており、リチャードへ賛辞を贈っている。

ts4g1837

そして、「これはザ・ビートルズに贈るラブレターだ」と語り、「この映画で描く“愛”を感じてほしい」と本作への想いも明かしているボイル監督。イギリスを代表する豪華コラボレーションの2人が、ザ・ビートルズの名曲にのせて描く本作にぜひご注目ください!

2504_d024_00126_00121_00129rv2_comp-1