NEWS

プライベートも仲良しのエド・シーラン×リチャード・カーティスが本作について語るスペシャル映像が到着‼

本映像では、本人役を演じるエド・シーランと本作の脚本を務めたリチャード・カーティスが本作について赤裸々に語っている。本作の主人公ジャックはエド・シーランがモデルになっており、衝撃のキャスティング裏話も明かされた。以前、カーティス「エドは僕の友人で、売れなかったミュージシャンがその後、世界で最も成功するというエピソードや彼の恋愛模様についてエドがモデルになっている。だから、エド以外で本人役のキャスティングは考えられないよ!」と語っていたものの、最初のキャスティング候補はまさかのコールドプレイのクリス・マーティンだったと衝撃の事実が明らかに…!選ばれた理由について、「撮影の時期に僕がツアーをしていたから観客の映像を撮れた」と悲しそうにこぼすエドに対して、「仮にクリス・マーティンを出演させていても、観客の映像は君に頼んだ」と正直に伝えるカーティス。優しいエドをからかうカーティス2人の仲の良さが伝わる微笑ましいやり取りが収められている。